FC2ブログ

井上精工社長のずぐだれ日記

株式会社井上精工代表の井上隆が 日々思う(どうでもいい)ことをだらだらと綴っております。

1969-08-18 The Rockpile, Toronto, CANADA

前日のコネチカットから移動して、この日はトロントで2公演!
売れるため、本当にエネルギッシュな若きZEPPなのであった!

それで、20時からと23時半からの2公演ともに音源が残っている!

ファーストショウの音源は遠めの音像かつ、ノイジーでガリガリモコモコ…
しかも音が大きくなったり小さくなったりと安定もせず、かなりマニア向けなのは否めないが
演奏自体としてはメンバーの調子もノリも良い様子ではある

セカンドショウはガラリと変わって、この時代としては結構クリアでまあまあな録音状態である
ちょっとベースがキツくてほかの音が聞こえなくなる部分もあるが、十分楽しめる
ところで、観客もZEPPのステージを楽しみ、とても反応が良いようである
つまり、十分認知も期待もされ、その期待に余裕をもって応えている自信たっぷりの演奏とも言えるだろう
まさに向かうところ敵なしの、無敵の状態の若きZEPPなのであった!これはマジ必聴!

なお、トロントのロックパイル公演はこれで最後となったのだった
おそらくはキャパが大したことなかったんだろう
トロントでは、1971年の日本公演前に1万7000人キャパのMaple Leaf Gardenで演っている
しかし1972年以降は、バンクーバーやモントリオールでしか演奏しなくなっちゃった

DSC03570.jpg
ロックパイルもの3CD

DSC03571.jpg
69年2月2日のステージとのカップリング

DSC03572.jpg

DSC03575.jpg

DSC03576.jpg

スポンサーサイト

PageTop

1969-08-17 Oakdale Musical Theatre, Wallingford, CT, US

ニューヨークの北東、コネチカット州のウォーリングフォードという街の公演
オーディエンス録音の音源は、残念ながらテープの保存状態が悪かったらしく
最初の2曲しか救えなかったという話である
ちなみに音のほうも劣化が激しかったのであろうか?
イコライジングなど相当いじっているような音感であり少々聞きづらい

ちょっと調べてみたら、この会場は「TOYOTA」がスポンサーになって今でも現役である
HPを見たら、60年代後半にZEPPもプレイしたとちゃんと記載されているじゃないか!

以下、コンピ盤はこうやって何度も登場するのであった…

DSC03566.jpg
今回でようやくお役目終了ですな

DSC03567.jpg
なぜか「Train Kept A-Rollin'」一曲のみの収録だ

DSC03658.jpg
本編?は72年6月のモントリオール公演です
3年後にまたお会いしましょう!

DSC03660.jpg

PageTop

1969-08-08 Swing Auditorium, San Bernardino, CA, US

ロサンゼルスの東に位置するサン・バーナーディノ公演からの音源で
資料によると、これはフェスティバルでは無いようである

何といっても、ギターの爆音がすごい!
特に一曲目の「Train Kept A-Rollin'」ではほとんどジミーのギターしか聞こえない!
曲が終わると、オーディエンスの歓声も聞こえるし
二曲目「I Can't Quit You Baby」の出だし、ロバートの「Ah~」もしっかり聞き取れるので
よっぽどジミーのアンプのまん前にでもレコーダーを置いていたのであろうか???

また、面白い聴きものとしては、約5か月前、3月のストックホルム公演の時と同じように
「I Can't Quit You Baby」で弦が切れ、ジミーがギターの弦を交換している間に
残った三人が即効でノリの良いブルースをジャムっている
最後はギターの弦を張り替えたジミーが爆音で参加して〆ているのだが…

いずれにせよ、生々しいジミーのギターだけは十分に堪能できるということだ!

DSC03634.jpg
3曲目「I Gotta Move」となっているが、ストックホルムのあの曲とはまるで別物

DSC03635.jpg
「Rubber Dubber」レーベル 結構凝った作りになっているな

DSC03636.jpg
当時のポスターのレプリカ付き

DSC03637.jpg
ブートレガー?のコメント付き「PLAY IT LOUD!!!」

PageTop

1969-07-25 Mid-West Rock Festival, State Fair Grounds, West Allis, WI, US

これもフェスティバル公演ものである

音質は、この時代のオーディエンス録音にしてはかなり上出来なほうで
ライブの臨場感もしっかり伝わってきてなかなか良い
(ところどころマイクの位置調整か?ゴソゴソ入るノイズだけが耳障りなのだ)
オーディエンスは全体的に静かに演奏に聞き入っている感じで
後年のやたら騒々しいアメリカのライブの印象とはずいぶん違うのも興味深い

また演奏のほうも、いつもの1セット1時間で演目も変わらずで
そつなくこなしてるって感じではあるが、クリアな音像もあって十分楽しめるものだ

DSC03630_20190724082223333.jpg
ミルウォーキーってなってるね

DSC03631_2019072408222871e.jpg

ウィスコンシン州って、どこだかよく知らなかったので調べてみた
ミシガン湖の西で、シカゴの北ってところか
まさに中西部(Mid-West)!
ウェスト・アリスは、州最大の街であるミルウォーキーのちょっと西に位置している

しかし、アメリカは広い!広すぎる!
この広~いアメリカを絨毯爆撃のようにツアーで回りまくった若き日のZEPPを想う…
と、そういえば、ZEPPのドキュメンタリー映画がつくられるような噂を聞いたのだが?
であれば、こういうドサ回り?の頃もたいへん関心が湧くところなのだ!

PageTop

1969-07-21 Central Park, New York, NY, US

この日はニューヨークのセントラル・パークで行われた
「Schaefer Music Festival」に出演

オーディエンス録音音源を聞いていると
当時のロック・フェスの雰囲気が感じられて興味深いところだ
プラントは調子も機嫌も良いのか、オーディエンスをいじって楽しそうだ

DSC03632_201907221324476db.jpg

DSC03633_20190722132448eca.jpg

PageTop