井上精工社長のずぐだれ日記

株式会社井上精工代表の井上隆が 日々思う(どうでもいい)ことをだらだらと綴っております。

社員の結婚披露宴

先週の土曜日は
社員の結婚披露宴に出席してまいりました

約半年ぶりの披露宴です
ということで祝辞も半年ぶりでした
緊張は特にしなかったのですが、なんだか固い感じになってしまいました
もっとゆっくりかみしめるようにお話ししたいといつも思っているのですが
表面的で薄っぺらくて、どうにも味のある感じになりません…
皆さんの印象にも残っていないんではないでしょうか?
まだまだ修行(場数?)が足りませんね

私の祝辞はともかく
みんなから祝福を受けた二人の明るく楽しい未来を祈願して!

気負わず
たゆまず
一歩ずつ
二人の幸せに向かって歩んでいってください

みんな応援していますよ

スポンサーサイト

PageTop

8年ぶりの観桜会

今年は7年ぶりの新卒社員を迎えたわけですが
彼らのお披露目もかねて、GW8連休前の4月30日に
社内ボウリング大会~観桜会を開催しました

観桜会は実に8年ぶり!
ボウリング大会は…う~ん記憶にないが10年以上してなかったのでは???

最近どうも社内コミュニケーションがあまり良くない感じだったので
社内の風通しもよくなるように、思い切って復活させましたが
これが、やってみたらやっぱり面白くて盛り上がって
本当にやってよかったなぁ~と思った次第です

ボウリング大会では、個人戦とレーン対抗戦とあったのですが
レーン対抗戦が想像以上に盛り上がって大変でした!
ボウリングで筋肉痛というのも情けない話ですが
大声を出しすぎて喉もガラガラになってしまいました

観桜会では新入社員お披露目や抽選会のアトラクションもあって賑やかでした
私はというと、頑張って社員一人一人にお酌して回ったら
次の日二日酔いでしんどかったです…
でも、みんなといろいろお話ができていい機会でした
ある程度本音で言いたいことも言った部分がありましたが
悪気はこれっぽっちもなく、あくまでも心配心からでた言葉ですので
悪くとらないでくださいね、お願いです

またこういう会を催行できるように、頑張っていきましょう!

PageTop

社員の結婚披露宴でまた想う…

先日は社員の結婚披露宴に出席してまいりました

思い起こせば、社員の披露宴は約2年半ぶり
ということで祝辞もそれ以来ということで
かなり久しぶりだったので結構緊張しましたが
なんとか無事お役目を果たせたかな?と勝手に思っております

毎度同じ感想になるのですが
やっぱりいいですね、披露宴は
当然、自分の時のことを思い出していろいろと感じる部分がありますし
新郎新婦の友人たちの想いにも共感できて感激してしまいます

更には、まだ早いのですが、親としての気持ちもどこか感情移入してしまい
ちょっと?いやいやかなりウルウルしてしまいます

※私の時もやったので人のこと言えないわけですが
 新郎新婦の生い立ちを赤ちゃんのころからスライドショーで見せられたら
 もう、どうしても親目線にならざるを得ません!



以下、当社社員による余興の模様です
携帯カメラだったのでピンボケご容赦ください
雰囲気だけでも感じていただけたら幸いです

2015112513060000.jpg

2015112513050000.jpg



お二人へ

今日のこの日が幸せなのではなく
今日から幸せに向けて歩み始めるのです

なんでも二人で話し合い、協力し合い
お二人の夢に向かって一歩づつしっかりと進んで行ってくださいね

PageTop

社員の結婚披露宴で想うあれこれ

さて先週の土曜日は社員の結婚披露宴に出席してきました

社長として祝辞もあったのですが
言い訳ですけど、前回から1年以上もインターバルがあったもんですから
なんか舌のノリが悪く、何回も噛むは、ところどころ間が空くは…散々でした
ホント言い訳ですけど…
数日前からお風呂の中で何回も練習したんですけど…



それはさておき、やっぱりいいですね披露宴!
皆さんもそうでしょうけど、自分が結婚してからは、やはり、自分の時のことを思い出しますよね
気持ちがその当時に帰って、その時の想いを再確認できます

披露宴は新婦及び互いの両親のためにするもので
新郎はおまけみたいなもんだ、というのが私の持論なのですが
とはいえ、新婦のためにしっかりしてなくてはいけません
おまけなんだけど、最後にお礼の挨拶もしなくてはなりません
ということで、実は新郎も気が張って心労で参ってしまうのですよ…

少なくとも私はそうでした
披露宴当日で2キロも体重が落ちゲッソリしました

でもそんなことは大したことではありません
そんなことよりもたくさんの方々にお祝いいただく幸せを感じておりました
ひな壇に座って皆さんを見渡したときのあの感動は忘れられません

私は理解しました
この今の幸せは全ていただいたものである
親、兄弟、親類、友人、知合い、会社関係全ての人、もっというとご先祖様まで
今、こうして私が立っていられるのは全て、関係する多くの方々のお陰、支えがあるから…と理解しました

そして、これからは自分たちの幸せを自分たちでつくってゆかなくてはならないんだな…と思いました
さらに、そうしてつくった幸せを周りに、次代に、今度は与える立場にならなくてはいけないんだな…と思いました


おそらくは、今回結婚した二人も
こんな素晴らしい結婚披露宴を出来たのは誰のおかげなのか、よくわかっていると思います

そしてこの日の感動を忘れることなく
お二人の夢に向かって手を取り合って歩調を合わせて
仲良く歩んでいっていただけると確信しております




幸せを 祝う気持ちが
逆に 幸せのおすそわけをいただき
感謝!感謝!です

PageTop

野球部 東北大会へ

唐突ですが当社には野球部があります

そもそもは、ウチの会長がそれはもう野球狂でありまして
若いころは自身もプレーヤーだったわけですが(もちろんプロではありませんよ)
一念発起して独立起業したときの一つの夢というのが

「野球チーム&グランドのある企業」

でありまして

まぁ、無事ここまで何とかこの夢を実現してきていることになります



とはいうものの昨今の不景気のあおりで
選手も減り、会社の補助も無くなり
少ない人数で自主運営して頑張っていただいております

「少数精鋭」という言葉は
少数の精鋭、というそのままの意味ではなくて
少数になると精鋭になる、という意味だと誰かに聞いたことがありますが
まさにその通りなのか?
選手が減った分、「俺が頑張らないで誰が頑張る?!」みたいな意識が発揚しまして
最近は結構成績が良くなっているように感じます


前置きが長くなりましたが、そういうことで
先週末は秋田県は能代市まで赴き
「第9回長澤正夫杯ミズノトーナメント」に出場してまいりまして
私も記録係&引率として、初めて能代まで行ってきました

能代球場
能代球場「サブマリン・スタジアム」
→あの山田久志投手が能代出身だったとは…知りませんでした



…が、結果から言うと、残念ながら0-7のコールド負け、完敗でした

最近はお陰さまで忙しく、残業もあって、なかなか練習ができなかったこともあるのか?
また今回の相手が上のクラスでもともと地力がちがっていたのか?
それとも…少数精鋭というのが何かの間違いか幻で、実際の実力はこんなもんだったのか?

ちょっと自虐的すぎますかね…

それにしても…少々不甲斐ない結果でした

野球部に関しては今度の週末も山形県のクラス別大会があるそうなので
ぜひ、汚名返上、実力を発揮して好成績を残していただきたいと思います



ちょっと話は変わりますが
おそらくは…こと野球に関しても
「昔取ったナントカ」で、ある程度は身体が動きますが
現役時代の、往年の、「キレ」は無いんじゃないか?と思われます
中年太りで身体が重かったりもしますしね…

この辺が「年」ということになるのでしょうか?

やはり、日ごろの鍛錬が大事なんですね、何事も

PageTop