FC2ブログ

井上精工社長のずぐだれ日記

株式会社井上精工代表の井上隆が 日々思う(どうでもいい)ことをだらだらと綴っております。

台湾旅行 B級グルメ編

台湾ネタもいよいよラストです!

台湾旅行とくればやはりB級グルメ、食べ歩きですよね

今回のツアーでは基本的に全食事付きだったのですが
せっかくですから、朝の散歩がてらや、夕食後も夜市に繰り出して
庶民の味B級グルメを味わってまいりました!

■鹹豆漿(シエントウチャン)…温かい豆乳スープ

DSC02185.jpg
その1

IMG_2331.jpg
その2

豆乳に細切りの具材、ラー油が入っています
アツアツだけど、味付けはもの足りないくらいの超あっさりです
個人的にはもう少ししょっぱい味で食べたかった…要マイ塩!

有名店までは脚を延ばせず、宿泊したホテルから歩いて行ける範囲で2回食べました
ん?黄色いテーブルは台湾ではデフォなのか?偶然2店ともだ

■油條(ヨウティアオ)…中華風揚げパン

DSC02186.jpg
上記トウチャンの付け合わせの定番

これはパンに揚げパンをはさんだもの!斬新!

■蛋餅(タンピン)…中華風クレープ

IMG_2332.jpg
これもトウチャンのサイドメニューで
このタレが絶妙で旨かった~(^^♪

以上が散歩がてらのローカル朝食でした
シエントウチャンとサイドメニューとで値段は300円程度!安い!

しかし、時期も時期だったからか、日本人観光客が多い多い!
あるお店では、食べてるのみんな日本人だったりしました!


さーて、お次は、夜市です!

まずは、台北最大の士林夜市

IMG_2316.jpg
美食区(フードコート?)は地下です

■生炒花枝(ションチャオホアシー)…イカのとろみスープ

IMG_2317.jpg
偶然にも、日本語メニューの、まさにこのスープの上です

実は、11年前にJCで来台した時もここ士林夜市を訪れており
この時喰ったスープの旨さが忘れられず、今回大いに楽しみにしていたのです!

…しかーし、期待は裏切られました…
味は薄いし、あんまり美味しくなかった…
記憶が美化されたのか?店によって味付けが違うのか???

P1010218.jpg
ちなみにこれが11年前の画像
なんか全然ボリュームが違うんだけど?


続いては、泊まったホテルからも歩いて行けた、寧夏夜市!

士林夜市は常設だが、こちらは本当の意味での夜市!
夜になるとまさに道路上に夜店が立ち並びます!

IMG_2341.jpg
わざとか?グイグイ車が通ったりします!

■鶏肉飯(チーロウハン)…細切りした鶏肉のぶっかけご飯

IMG_2342.jpg
これはタレ?ダシ?がなんともいいバランスの味で旨かった!!!

■魯肉飯(ルーロウハン)…トロトロ煮込んだ豚肉のぶっかけご飯

IMG_2344.jpg
ご飯のほうは想像通りの甘辛こってりで普通にうまかったが
適当に頼んだこのスープのほうがバカウマ!
隣のテーブルの西洋人カップルも同じセットで食べてたな!

じつはこの鶏肉飯と魯肉飯は「ハシゴ」だったのだ!
小さいお椀とはいえ、さすがに食い過ぎた!


それから、朝食の時もそうだったけど
夜市も日本人多過ぎです!
ただ、私みたいなおっさん一人というのはまず見かけませんでしたね
多いのはおばちゃんの2人連れとか小さい子供がいる家族連れでした

確かに、皆さん言うように親日で、親切な人が多く
またよっぽど裏道に入らなければ危険もなさそうだし
食べ物も、中国本土よりもマイルドで日本人の口にも合うし
台湾リピーターが多いというのも、至極納得であります!

私も、機会があれば、家族でまた来たい、台北なのでした

(おしまい)

スポンサーサイト

PageTop

台湾旅行 カヴァラン蒸留所編 その2

蒸留所見学の後はお楽しみの試飲です!

DSC02509_20180608141952920.jpg
試飲会場です

DSC02511_20180608141953f81.jpg
なんと!試飲はこれっぱっちょ…
美味しいんだけど、もの足りないよね

ということで、試飲コーナーの出口は、売店に直結です!

いろいろ種類もあって目移りしましたが…

DSC02546.jpg
自分用のお土産


DSC02548.jpg
ソリスト、カスクストレングスです

DSC02549.jpg
ベタですが、オロロソシェリーです、57.8度です

DSC02551.jpg
もったいぶって、カスクナンバーやボトルナンバーが記載されてます

DSC02552.jpg
この地域の説明と、カヴァランの名前の由来が書いてあります

DSC02553.jpg
ノー・カラーリング、ノー・チルフィルタリング

DSC02554.jpg
テイスティング・ノート…上と同じような記載があります

500mlで、日本円にして約1万円…まあまあ良いお値段ですね
いやしかし、ここでハタと気が付いたのですが
蒸留年とか、熟成年数とかがどこにも書いてないのですよ!
カスクストレングスなのに…これってどうなんでしょうね?


DSC02547.jpg
こちらはテイスティング・グラスです…これまたベタですが記念に


それから、お知り合いの方へのお土産に

DSC02556.jpg

DSC02557.jpg
ジャジャーン!

なんだか、試験管みたいなのに各々50ml入っています
たったの2ショットぱっちょですが、ネタ的に面白いのでこれにしました

DSC02558.jpg
ピ-ティカスク

DSC02559.jpg
シェリーカスク

DSC02560.jpg
バーボンカスク

DSC02561.jpg
スタンダードなヤツ

飲み比べると味の違いが判って面白そうですね




これらとは別に、免税店でタリスカーのダークストームも買っちゃったんですけど
今思えば、カヴァランのほうをもっと買っておけばよかったな…(+_+)


(つづく)

PageTop

台湾旅行 カヴァラン蒸留所編 その1

そしていよいよ今回の旅の佳境(個人的には)!
カヴァラン蒸留所見学ですー!

台北市内から南南東の方向に車を走らせること約1時間半
(途中、12.9キロ!という長~いトンネルも通りました)
宜蘭県の、米沢の田舎でも見るような田園風景のそのまた奥
雪山山脈のふもとにデデンと広大な敷地で稼働しておりました!
きっと、この地に湧くおいしい水でウイスキーが造られているのですね!

DSC02474.jpg
来た来た来たでー!
ホント風光明媚な佇まいですね

DSC02477.jpg
絵になりますね~(^^♪
2006年って、ほんとだったら創業年の仕込樽だよね

もともと台湾では缶コーヒーで有名だった会社が2006年に創業したのですが
それまでの、「ウィスキーは寒い地域で作るもの」といった常識を覆すどころか
毎年のように世界トップクラスの品評会で高評価を受けるような存在になっております!
しかも、温暖な亜熱帯気候により熟成が早く、通常だと10年以上かかるところが
数年でおいしいウイスキーができちゃうという、コスパ的にもいいことだらけ?

早速蒸留所見学です
無料ガイドも付きますが、中国語だったし
どのみち製造工程はだいたい頭に入っていますから
一人我が道を行くスタイルでどんどん先に進んで
バシャバシャデジカメで撮影していきます!

DSC02480.jpg

DSC02481.jpg
材料となるモルトや酵母の展示


DSC02488.jpg

DSC02489.jpg

DSC02490.jpg
これらは熟成樽の内側の焦がし(チャー)の程度のサンプルです
分かりずらいですが、上からライト・ミディアム・ヘヴィの3段階です
色よりも、表面のひび割れ具合をみるとなんとなく理解できます

DSC02493.jpg
今度はウィスキーの熟成具合の展示です
確かに、色の濃さを見るとスコッチよりも熟成が早いのかなと思わせます

DSC02492.jpg
こちらは樽による熟成の度合いを展示したもの
一番上のオロロソ・シェリーがいちばん濃いようですね

DSC02497.jpg
いよいよ製造工程です
まずはマッシュタン(大麦麦芽を粉砕し水と混ぜ合わせ発酵させます)

DSC02498.jpg

DSC02502.jpg
ガラス越しでもすぐ間近に見られるポットスチル!感動です!

DSC02503.jpg
何と今まさに蒸留したてのスピリッツ「ニューメイク」が!
分かりずらいですが、蛇口からでる水道水のようにジャー!と出ております!

DSC02505.jpg
ウィスキー好きにはたまらない空間です!

さて、そうです、ウィスキー蒸留所のもう一つの見もの
それは貯蔵庫です!!!

DSC02506.jpg

DSC02508.jpg
薄暗い画像ですが…
ななんと!ここでは樽を縦にして貯蔵しているではありませんか!
別に横置きが基本だというわけでもないのでしょうが、これは初見です
後で調べたら、台湾は地震が多いため、寝かさず縦に保管されるようです
ん?日本は?日本だって地震国なんだけどな?


長くなってきたので、試飲とお土産はその2で…

(つづく)

PageTop

台湾旅行 観光編 その2

あくる日は台北からバスで移動して野柳~基隆~十分~九份と巡ります

■野柳の海岸自然公園…波の浸食で岸壁がとてもシュール!!!

DSC02336.jpg
でっかいキノコが生えてるみたい

DSC02345.jpg
近寄ってよく見ると、なんじゃこりゃ?なんでこんな風になるの?

DSC02343.jpg
この行列の先には…

DSC02351.jpg
女王頭岩、またの名をクレオパトラの横顔…インスタ映えで30分待ち…

■基隆中正公園…基隆港を見下ろす丘の上にあります

DSC02358.jpg
「笑口常開」…笑う門には福来るってとこか?

DSC02360.jpg
アップにしたら、ちょっと怖かったんだけど…

DSC02362.jpg
展望台にもなってる大きな観音様…登らなかったけど
(観音様もどこか怖い…)

DSC02369.jpg
大きな鐘楼の上でにこやかに自慢の髭をさすっておられます

(おまけ)
DSC02385.jpg
「どこに行くのですか?」ハングルもそんな意味なのかな?

■十分…天燈上げで有名

DSC02393.jpg
私たちもやりましたよ~「天下泰平」「業績拡大」!

DSC02407.jpg
ホントにこんな感じで線路の真上でやってます!
この数分後、「ピピー!」と笛が鳴るや否や客車が入ってきました

■九份…もう言わずと知れた「千と千尋の神隠し」のモデルになった茶屋がある

DSC02424.jpg
メインストリートというか、メインステアウェイ?急な長い階段です

DSC02457.jpg
夕暮れに映える例の茶屋…眼下は撮影する人でごった返し…

DSC02416.jpg
九份は猫も有名なのか?こんなでかいオブジェもあったが

DSC02439.jpg
見たのはこんな野良犬?ばかりだったなぁ


(つづく)

PageTop

台湾旅行 観光編 その1

このたび、弊社創業50周年を記念して
実に10年ぶりとなる社員旅行を催行いたしました!

コースは、1)北海道、2)沖縄、3)台湾の3つで
私は台湾チームに合流して、私自身にとっても11年ぶりとなる台湾に行ってきました!

とはいうものの、11年前の訪台はJCのASPAC参加が目的であり
2泊3日の行程でしたが、夕方着の早朝帰りで実質1日しか活動しておらず
観光と言っても101ビルの展望台に上がったくらいなもんで
そういう意味では、初めての台湾観光と言ってもいいのでした

台湾と言っても、台北とその周辺のみでしたが
台北では忠烈祠、故宮博物院、中正紀念堂、龍山寺という定番はおさえ
また少し郊外に出向いて野柳の海岸自然公園、十分の天燈上げ、九份の夕景も堪能し
また個人的にはぜひとも訪れたかった宜蘭の「KAVALAN」ウィスキー蒸留所も見てきました!

では、定番どころの画像じゃ別に面白くもなんともないと思いますので
(ネット上でいくらでも見ることができますもんね)
私がピンときて撮った(変な)画像を中心にご紹介します

■忠烈祠…抗日戦争、共産党軍との戦いで戦死した約33万人の霊を祀る

DSC02197.jpg
このオレンジ色のラインの正体は…

DSC02210.jpg
この通り!衛兵交代式の際の靴跡なのだった!!!
いったい、どんだけやったらこんな跡がつくのだろうか???

■故宮博物院…中国歴代皇帝のオタカラを69万点以上所蔵!

DSC02253.jpg

DSC02256.jpg
ここはやはり定番の白菜と角煮だが…
この部屋だけは別格の混みようと、実物がかんなり小さいので
カメラで撮影するのも一苦労…ピントが合わない!

DSC02269.jpg

DSC02271.jpg

DSC02247.jpg
その他、ガイドさんのお話を聞きながら、極々一部だけ鑑賞…
こりゃあ、一日くらい時間もらわないとあかんわ

DSC02279.jpg
孫文様のお顔…ちょっと神経質そう?

■中正紀念堂…国民党の蒋介石総統を記念してつくられた

DSC02295.jpg
とにかくでかい!
この中に、マジでかい蒋介石の像が鎮座しております

DSC02285.jpg
蒋介石様のお顔…好々爺って感じの笑顔ですね

■龍山寺…約280年の歴史を持つ、台湾で最も有名な寺院の一つ

DSC02304.jpg
地元の信仰者と観光客とですごい混んでます

DSC02305.jpg
中国の寺院の特徴として、屋根の上の派手な装飾があげられます

DSC02314.jpg
こういうの、面白くてつい撮っちゃいます

(つづく)

PageTop