FC2ブログ

井上精工社長のずぐだれ日記

株式会社井上精工代表の井上隆が 日々思う(どうでもいい)ことをだらだらと綴っております。

50年前へのタイムトリップへようこそ!

わが愛するバンド、レッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN、これ以降ZEPP)は
それまでジミーが在籍していたバンド、ザ・ヤードバース(the Yardbirds)の空中分解(メンバーの脱退)を経て
1968年8月に結成されたと言われている

もうはるか彼方、50年も昔の話である…
ちなみに私は1967年10月生まれなので、やっと「立っち」できていたかどうか?

伝説になっている話では、紆余曲折の末、はじめて集まった最初のセッションの時
「Train Kept A-Rollin」一曲を演奏しただけで、メンバー四人が四人とも、将来の成功を確信したという…

ということで、1968年に結成されたZEPPは、以降全世界をまたにかけて活躍し
70年代を代表するスーパーグループとしていまだに世界中にファンを持ち
「LED ZEPPELIN」が一つのジャンルと言ってもいいくらいの影響力を持ち続けているのであった!!!



さてそこで、1980年に解散するまで
現在わかっているだけでも、世界中で500回近くのライブを行っており
しかも、その半数以上、300程の音源が残されているのであるー!!!

それらはいわゆる海賊版、ブートレッグと言われるものだが
観客が会場に持ち込んだカセットで録音したひどい音のシロモノから
ライン録音(これをサウンドボード録音などと呼ぶ)の正規盤まがいのものまでいろいろだ
またライブを最初から最後まで完全録音したものはわずかで、だいたいは部分録音である
多いのは、カセット録音のテープ残量(録音可能時間)を気にして
MCや、録音者が好きではなかったらしい曲をカットするなどだ


とはいえ、まだ生まれてもいなかったり子どもだったりの、私みたいな後追い型のファンには
違法とわかりつつも、多少の出費はあったとしても、追体験できる素晴らしいアイテムなのである

前置きが長くなったが、これから、そうした音源を紹介しながら
はるか遠い昔、50年前のZEPPのライブへのタイムトリップに皆さんをご招待したいと思う
今時なので、たいていのものはYOUTUBEにあがっていたりするので
もし興味を持たれた方は、実際の音源を耳にして、50年前に思いを馳せていただきたい…

なんて言っておいて、一発目は1968年12月30日ですからね、まだまだ先ですね
しばし、お待ちくだされ

参考文献
『The Illustrated Collector's Guide To Led Zeppelin(3rd Edition)』Robert Godwin 1990
『The Illustrated Collector's Guide To Led Zeppelin(CD Edition vol.2)』Robert Godwin late 90's
『Led Zeppelin Live(The Final Edition)』Luis Rey late 90's
『コンサートファイル』 デイヴ・ルイス/サイモン・パレット1998
『BOOT LED ZEPP Ⅰ~Ⅳ』シンコーミュージック 2005~2006
『レッド・ツェッペリン ライヴ・ファイル』西江健博 2008
『レッド・ツェッペリン 全活動記録1968-2007』マーク・ロバーティ 2018
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する