FC2ブログ

井上精工社長のずぐだれ日記

株式会社井上精工代表の井上隆が 日々思う(どうでもいい)ことをだらだらと綴っております。

これまた10年前

ウチの長女が通う小学校ですが
冬になると学校でスキー授業があるのです

今現在の二年生までは
学校の校庭の隅にある小さい丘みたいなところで滑るのですが
三年生にもなるといよいよスキー場に行って教わるような話でしたので
来年を見越して今年から特訓だ!まずはボーゲンだ!スキー場も行っとかなきゃ!
という話しになり、近場では斜面がけっこう緩くて初心者向きと聞いていた
「七ヶ宿スキー場」に行ってきました!…前置きが長くてすみません

それで、んじゃ誰が教えるのだ?という話なのですが…

15年前には、六十の手習いでバリバリ覚えた「じいちゃん(=会長)」が
姪っ子甥っ子に教えてくれてたのですが(私も付き合わされましたが)
さすがに77になる今ではそこまでお願いもできません
浜っ子のカミさんはスキーは教わってなく、大人になってからは専らボードだし
つまるところ「結婚してからここ10年くらい滑ってないよな~」という私しかいません

「まあ、緩い坂でボーゲンくらいなら俺でも教えられるだろう」
なんて軽い考えで始めたわけですが
逆に、リフトもまだ乗れないので坂を上っては滑り上っては滑りで
かえって脚にきた次第です…息も上がります…体力ないっす…

とうの長女はというと
緩い斜面ではボーゲンで滑って止まれるようにはなりました、なんとか
今後は曲がることと、もう少し急な斜面でも滑られるように教えなくては
それからリフトの乗り方降り方も経験させないと…

あ、タイトルの「これまた10年前」というのは…
そんなわけで、10年ぶりにスキーウェアも引っ張り出して
「大丈夫、着れた!」なんで喜んでたんですが(体形的な心配があったものですから…)
袖口にリフト券が残ってまして、見たらホントにほぼジャストに10年前だったんでした!(1日違い!)

ちなみに…
思うように滑られないからか、始めはスキーしたくないと駄々こねまくりの長女でしたが
なんとかなだめすかして連れて行き、そしたらなんぼか滑れらるようになったので今度は得意顔!
ここは気分が変わらないうちに、今のうちにスキー場に通って教えるしかありませんな!
お父さん頑張らねば!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する